高齢出産には不妊治療の継続が大切になります

女性

不正出血に注意

カウンセリング

不正出血は重大な病気である子宮頸がんや子宮筋腫などを知らせることがあります。なので、いつもとは違う出血だと思うのであれば、なるべく早めに川崎の産婦人科で診てもらってどのような出血なのかを知ることが大切です。

もっと読む

注目される主成分

ウーマン

妊娠をスムーズに行なう、妊娠後も安全に胎児を育てるためには適切な治療と妊活サプリの利用が鍵になります。特に葉酸サプリが胎児の成長を守ってくれるということで、飲む人も多いです。

もっと読む

不妊になる理由

婦人

20代前半であればそこまで気にしないでしょうが、20代後半になってくると子どもを産めるのか気になってしまいます。不妊治療を始める人の年齢が最近では高くなっており、ある病院では多くの患者が30代後半や40代前半ということもあります。これは晩婚化の影響もあるのでしょう。働く女性が増えており、20代は仕事だけをやって30歳を過ぎてから婚活し、30歳中盤になって結婚する人も珍しくありません。30歳中盤になると妊娠するには高齢になるので、不妊治療を始めることになります。
ところでなぜ高齢になるにつれて妊娠しづらくなるのかというと、体と一緒で年をとると卵子も衰えてしまうのです。現在ではいろいろな受精方法がありますが、卵子の衰えの治療はありません。なので、子どもがほしいのなら卵子が衰える前に不妊治療を受けることが必要です。ARTという治療方法は最も効果が高いのですが、それでも卵子の衰えにはかないません。つまりARTでも妊娠する確率は低いということです。なので、どうしても子どもがほしいのなら治療を続けるほかないです。しかし、治療代が高額になったり妊娠するまでに時間がかかったりすることを最初に知っておいたほうが、後からの精神的な負担などは少なくなると思います。治療を受けるときに医師から妊娠しやすい体とはどのような体なのか教えてもらえるので、病院で受ける治療だけでなく自分でできることもやっておくといいです。授かりものなのですぐに子どもができることは保証できませんが、継続的に不妊治療するようにしましょう。

決断するなら早めに行なう

医師

妊娠中絶は大阪の産婦人科医院でも行なってくれます。しかし、大事なのは22週になる前に早めに手術をするということです。生理不順の人は妊娠に気づかないことも多いので、普段から産婦人科を利用することが大切です。

もっと読む