高齢出産には不妊治療の継続が大切になります

ウーマン

不正出血に注意

カウンセリング

不正出血と生理を区別することは簡単ではありません。生理が遅れてきたと思ったり早くきたと思ったりする人が多いでしょう。しかし、生理とは別の不正出血は体の異常を知らせることもあるので、何かおかしいと思ったのであれば川崎の産婦人科へ行き診断してみましょう。生理だと思っていたのに、重大な病気の初期症状だったということにもなりかねません。川崎の産婦人科で不正出血を診断するときにはいくつか質問をされますが、どのようなことが原因なのか調べるためです。いつ出血があったのか、出血の量はどのくらいだったのかなどを問診で訊かれます。なので、川崎の産婦人科へ行く日が遅くなってもそのときの状態が分かるようにメモをとっておくといいです。回答内容によって検査方法が異なるので、なるべく少ない検査にするためにそのときの状態は記録に残しておきましょう。不正出血は外陰や膣、子宮内や出口のいずれから出血することがあるので、膣の中に指を入れて調べたり、超音波検査をしたりします。
不正出血となる病気には子宮筋腫というのがあります。この病気を治すためには手術が必要になりますが、それは症状が悪いときに手術を行います。筋腫が良性であればそのまま様子を見ることになるでしょう。子宮内膜症という病気を治療するには薬か手術があり、この病気は月経困難症の原因の1つです。他には子宮頸がんや膣炎、妊娠によるものなどがあるので、生理の時期とは違うときに出血があるのであれば、川崎の産婦人科へ診てもらうようにしましょう。